旅行・地域

2014/05/05

Camp in Bryce Canyon Day 3

キャンプ7日目です。

右足のアキレス腱は相変わらず痛いのですけど、今日が丸1日行動出来る最後の日ですからね、Day -Hikingの中で一番長いトレイルを歩きます!

P10105051

Fairyland Loop、8.0マイル(12.9km)、4~5時間コース。

ここのトレイルはキャンプ場から歩いていけるのが嬉しいポイント!
キャンプ場からFairyland Point→Sunrise Point、そしてキャンプ場へ戻ってくるループコースとなります。
毎回同じような流れですからね、、、読むのも見るのも飽きちゃいますよね(;´▽`A``
ハイキングコースを歩きながら撮った写真です。
これが最後なので、良ければ見てやってくださいませ。

P1010439

キャンプ場から歩き始めてわりと直ぐの場所です。
細い道を歩くとダーさんのいる所まで行けるのですが、道が細くて怖くって・・・娘ちゃんと私は遠くから見学。
P1010440
眺めが良いだろうな~と思いつつ、へタレな私は動けず・・・。
それでも私の立っている位置でも、ちょっと踏み外したら落っこちそうな場所なんです。
P1010442
キャンプ場からFairyland PointまでRim Trailを歩きます。
P1010447
矢印の辺りがスタート地点です。
P1010449
P1010451
P1010456
ちょっと曇り気味の天気ですが、それでも眺めは最高です。
P1010457
約1時間かけてFairyland Pointに到着!
太陽も出てきて暖かくなってきました。
ここからはキャニオンを下っていきますよ~!
P1010458
Tower BridgeはSunrise Pointへ行く途中にある、View Pointです。
もちろん、ここへも寄りますよ~!
P1010459
Rim Trailは比較的平坦な道を歩くわけなんですが、キャニオンへ下ると細い道だったり、大きな岩の間を通ったりするので面白いですね~。
娘ちゃんはとにかく歩くのが早いので、もうこの時点では見えません(^-^;
P1010460
遠目にキャニオンが見えたり・・・
P1010461
目の前にドドーンとキャニオンが見えて本当に飽きないんですね~。
P1010462
P1010463
P1010466
平坦な場所は、赤茶色の世界でした。
ものすごく鮮やかな色で、赤茶というよりもオレンジに近い感じでしたね。
P1010469
P1010472
ここからの眺めが最高に良かったので、パノラマを何枚か撮りました。
パノラマを撮るのに変なボタンを押して設定がおかしくなってしまい、それを直すのに思いの外時間がかかっていたみたいで、気がついたら2人の姿はなく・・・
P1010474
すんごーく遠くに二人を発見!!
矢印の2人が娘ちゃんとダーさんです。
あの場所へ行くには、右からぐるーッと回って下らなくてはいけないんです。
もうここまで離れちゃうと、まっいいかって気分ですね。
1人のんびり景色を見ながら歩くのも良いものです。
P1010475
途中ランチ休憩を挟み、スタートから約3時間。
看板が出てきました!
タワーブリッジまで200ヤード。
P1010477
これがタワーブリッジです!
写真が下手くそであまり臨場感がないのですけど・・・でも見たらすごいんですよ。
P1010478
さぁここからSunrise Pointまで1.7マイル、あと一息です。
P1010483
ここからはひたすら登りです。
歩くこと15分、何やらすごいものが見えてきました!
P1010484
China Wallと呼ばれる有名な岩壁です。
行ったことがないですけど・・・万里の長城を連想するような岩壁です。
この後は毎度の事ながら登りのお疲れモードに突入し、写真を撮る事もなくひたすらゴールを目指しました。
スタートから約4時間、Sunrise Pointに到着。
4時間でしたけど、何だかすごく疲れました。
キャンプ場へ戻って少し休憩をとった後、早い時間でしたけど夕飯を食べ明日のチェックアウトに向けて今回も片付けられる荷物は車に積み込みました。
次の日のAM7:30にはチェックアウト。
ブライスキャニオンからLAまで約7時間半かけて帰ってきました。
今回初の!カリフォルニアから出てのキャンプかと思ってたんですけど、、、よくよく考えたら9年位前にカウアイ島で1週間のキャンプをした事があった事を思い出しました(^-^;
あまりに昔のことで忘れかけてましたけどね。
こうして1週間のキャンプを振り返ってみると、かなり濃ゆい1週間だったな~と。
そしてこんなにも歩いたキャンプは初めてかなと。
いつもハイキングになると文句ブーブーの娘ちゃんも楽しかったようなのでよかった(*^m^)
いつになるかは分からないけれど・・・今度はウエーブに行きたいな~と思っています(゚m゚*)
その前にもっと体力をつけないとっ!
長い長いキャンプの記事を最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました。

| | コメント (6)

2014/05/03

Camp in Bryce Canyon Day 2

キャンプ6日目です。
グランドキャニオンにも負けない寒さヾ(.;.;゚Д゚)ノ

ここのキャンプ場はループA~Dがあり、各ループ場所にトイレが設置されているのですが、昨日チェックインしてから知った、ちょっとショックなことが・・・・
それはですね、、、春のシーズン中はループC&Dのトイレは閉鎖との事で、水もトイレも一切使えないことが判明しました。
トイレへ行くにはループAかBに行かなくてはいけないのですけど・・・それがまた遠いっ!
トイレへ行くのに徒歩5~10分の距離ですよ。
そのおかげで、朝からキツネに遭遇できたのはラッキーでしたけどね。
某ドラマを真似て、キツネに向かって『ルールルルル・・・。』と声をかけてみましたけどね、、、何の反応もなくスルーでした(;´▽`A``
そしてキャンプ6日目に突入し身体も疲れが出始めたのか・・・というよりは連日のハイキングのせいでしょうか。
トイレへ行くのに歩いていたら、右のアキレス腱に痛みが。。。
すごく痛いわけではないから大丈夫かな?と思っていたのですが、トイレの帰り道から段々と痛みが強くなって普通に歩けないっ!!
確か今日もハイキングの予定だったよな・・・と思いつつ、ダーさんに足の痛みを訴えたところ、無理して今日も歩くと明日に響くし、ハイキング中に歩けなくなるのも困るとの事で今日は車でビューポイント巡りをすることになりました。

P1010369

こちらがSwamp Canyon。
標高7998ft(2438m)です。

P1010372

Farview Point。
標高8819ft(2688m)です。

P1010373

Farview Pointから数分歩いた先にあるPiracy Point。

P1010374

Natural Bridge。
見事なアーチです!

P1010377

Agua Canyon。
段々と標高が高くなっています。
雪がまだ残っていますね~。

P1010381

Ponderosa Point。
標高8766ft(2672m)です。
どこへ行っても似たような景色に見えるのですけど、でも微妙に違ってどこから眺めても綺麗なんです。

P1010384

P1010394
そして最終地点のRainbow Point。
標高9115ft(2778m)です。
高い!寒い!
キャニオンがだいぶ下に見下ろせます。
そしてここから先、小1時間ほどで歩けてしまう『Bristlecone Loop Trail』があるんです。
足が痛いからどうしようかな~と迷ったのですけど・・・毎度おなじみの次はいつ来れるか分からないから行っておかないと後悔する!と思ったので歩きましたよ!


P1010397

左回りでUnder The Rim Trailを歩きます。

P1010399

まだ雪が残っていて・・・・しかも結構な深さでした。
通りで寒いわけですよ。

P1010403

高いだけに崖っぷちギリギリはかなり怖いけど・・・写真撮りたいがために必死です( ̄○ ̄;)!

P1010407

Yovimpa Point辺りかな~?
ごめんなさいっ!!何だかちょっとこのあたりの記憶がうやむやで・・・写真の順番からそうではないかと思うのですが・・・ちょっと自信ない(;´▽`A``
小一時間のトレイルを終え、Rainbow Pointでランチタイム。

P1010408

ランチ後にまだ見ていないポイント、Paria Viewへ↑
時計を見たらまだ13時。
キャンプ場に戻るには時間が早過ぎなので、ガイドにはあまり大きく紹介されていない、Mossy Caveへ行くことにしました。

P1010411

入り口から洞窟まで0.4マイルととても短い距離。
足が痛い私にはありがたい距離です。

P1010413

途中の景色も素敵!

P1010414

滝もあって中々素敵なところなのに何故に大々的に取り上げられてないんだろうか??と不思議だったんですけどね、、、

P1010415

Caveに到着して納得しました!
ここが終点のMossy Caveです↑
Caveというから大きな洞窟を想像していたら・・・洞窟に見えない洞窟でした( ̄◆ ̄;)
あっという間に見終わり、これで帰るのは面白くないね~ということで、先ほどの滝へ向かい・・・

P1010417

滝の先が気になるねぇ・・・と川沿いを登っていくことに。

P1010418

足は痛むのだけど、この先はどんな景色が待っているのか・・・と思ったら気になって気になってどんどん歩いちゃいました。

P1010419

P1010421


P1010423

30分くらい登ったかな~。
ここで休憩です。
お水の冷たさを体感しようと、みんなで足を付けてみました。
雪解け水名だけにものすごーく冷たいっw(゚o゚)w
でも疲れた足には気持ちよかったですね~。
痛いアキレス腱をよーく冷やしてみました。

P1010426
まだまだ上流へは続くのですけど私の足も考え、ここで引き返しました。
そしてダーさんは一番はじめに見た滝のサイドにあった岩の窓が気になり上っちゃいました。

P1010429

帰り道は橋の上で記念撮影。

P1010430

今日1日はあまり歩かず安静に過ごす予定だったのに、連日のハイキングに比べたら軽いですけど、、、でも何だかんだと歩いてましたね~(^-^;
シャワーを浴びて、夕食をとり、今日も早めに就寝です。
キャンプ7日目に続く・・・・。
※追記
キャンプ6日目の記事で一部、写真と場所が間違っていました。スミマセン・・・。
先ほど訂正しました(夕食後のビューポイントです)

| | コメント (2)

2014/04/30

Camp in Bryce Canyon Day 1

キャンプの旅も5日目に突入です!

今朝もAM5:45起床。
AM6:30からの朝食を済ませ、AM7:00にはチェックアウト、次の滞在地であるブライスキャニオンに向けて出発!

何故にこんなに早くから出発するのかというと・・・・

ブライスキャニオンのキャンプ場は春のシーズンのみ、予約を取らないのです。
その為、First come first serve、つまり早い者順に良いサイトにチェックイン出来るわけなんです。
Pageからブライスキャニオンまで約4時間、キャンプ場のチェックアウトがAM11:00なので予定では11時少し前には到着出来るであろう計算で出発したわけです。

グランドキャニオン、アンテロープキャニオンはアリゾナになるのですが、ブライスキャニオンはユタです。

また性懲りもなく、ガンガンスピード出している中、ユタに入りました~写真を撮りましたよ!

P1010275

前回よりはまとも!?ですかね(^-^;

ユタに入ったら時差で1時間早くなり・・・途中の山道で工事があってかなりの時間をロスしてしまい、ブライスキャニオンに到着したのは11時を回っていました。
Fullだったらどうしよう~とかなり心配していたのですが、空いていて結構ガラガラ。
平日のど真ん中ってことも理由のひとつかな?

車から降りてみたら・・・グランドキャニオンよりも寒いかもΣ( ̄ロ ̄lll)

てきぱきとテントを建て、着いて早々ハイキングに出発っ~!
キャンプ場から車で5分の場所にあるSunrise Pointへ。

P1010283

いや~!!びっくり!!
目の前の光景にまたしても言葉がありませんでした。

P1010284

P1010285

何でしょう!この景色!!
グランドキャニオン、アンテロープキャニオンとは全く異なり、今度はSF映画のワンシーンにいるような、そんな世界が広がっていました。
同じキャニオンでも全然違うんですね~。
ここも、一体どうしたらこんな風に岩が削られるのか・・・不思議で不思議で。。。

感動に浸った後、この中にあるQueens/Navajo Combination Loopトレイルを歩きました。

P10105041

ワールドベスト3マイルハイク!と書かれていたら、歩かないわけにはいかないでしょうからね、まずはここを攻めます。
ラウンドトリップで2.9マイル(4~6キロ)、2~3時間の軽いハイキングコースです。

ではでは。
スタート地点から写真をアップしていきますね。
また大量の写真です、覚悟して見て下さい( ̄○ ̄;)!

P1010288

クイーンズガーデントレイルから歩き始めます。

P1010290

 誰かが故意に削ったんじゃないかと思ってしまうくらい見事な削れ様。
この摩訶不思議な岩の柱をHoodoo(フードゥー)と言うらしいです。

P1010294

巨大な岩壁があったと思えば、砂漠のような場所もあり。

P1010295

P1010300

トンネルだーい!

P1010302

P1010304

下から見るとこれまたすごい迫力!!

P1010306

P1010307

見るもの全てが素晴らしく、歩きながらひたすら感動していました。

P1010308

クイーンズガーデンに到着。

P1010309

↑イングランドのビクトリア女王の横姿に見えるフードゥーです。見えますか??

P1010310

そしてこの奥にあるのがクイーンズキャッスルのフードゥー群。

ここから先はナバホトレイルになります。

P1010311

こんな細い道を通ったり・・・

P1010314

P1010315

岩の色のオレンジが濃くなってきました。

P1010316

この先はトレイルエンドの看板が。。。
昔はこの先もトレイルになっていたんでしょうかね~。
アーチに見えるのは木ではなく崩れ落ちたフードゥーかな?

P1010321

前方にダーさんが歩いています!分かるかな??
私は元々ペースが遅いんですけど写真を撮ったり、景色見て止まったりしているので気がつくといつもお二人さんとの距離がぐーんと開いちゃっているんです。
ちなみに娘ちゃんは遥か先を歩いているので、写真にすら写りません(;´▽`A`

P1010322

一番上を目指して登りますよ~!

P1010323

途中、途中で見える景色がこの上なく美しくって、、、結構な登りなのですけどね、疲れも吹っ飛びます。

P1010324

すごい!
こういうのって・・・つづら折れって言うんでしたっけ?
クネクネ道を登っていくわけですが、両サイドのフードゥーが迫力満点!
ヒトがとっても小さく見えちゃいます。

P1010325

色のグラデーションが本当に綺麗。

P1010326

ウインドウになっているフードゥー。

P1010327

Thors Hammerと呼ばれるフードゥー。
映画の『Thor』に出てくるハンマーと一緒ですね!!
おみごとっ!!

P1010328

P1010329

こちらの写真↑↓はクネクネ道を登りきって少し行った所に本道から分かれた道(5メートルくらいで行き止まり)のウインドウから撮った写真です。
ちょうどクネクネ道の右サイドの裏側の景色になる感じですかね~。

P1010331

P1010334_4

パノラマで撮影してみました。

P1010335

P1010337

P1010345

サンセットポイントに到着。
Viewポイントから見える景色をパノラマで撮影。

そしてブライスキャニオンの有名ビューポイントである、Inspiration Pointへ↓

P1010352

P1010358

根っこが出ていても元気な木です。

P1010359

P1010360

たっぷり景色を見て、キャンプ場に戻り夕飯を食べてゆっくりタイム。

P1010362

そして夕焼けを見に有名なブライスポイントまで行きました。

P1010364

P1010366

残念ながらサンセットは位置の関係上見れないのですけど、光がキャニオンに当たるのがまた素晴らしい風景で、プロのようなカメラマンらしき方達があちこちにいて、三脚を立てシャッタースピードを落として写真を撮っていました。

P1010367

キャンプ場から見えたサンセットのような・・・そうでないような・・・

日が落ちる前からとても寒かったけど、、、日が落ちたらもっと寒い!
今日も21時には消灯でした。

キャンプ6日目に続きます

| | コメント (4)

2014/04/28

Antelope Canyon

キャンプ4日目です。

今日は次の滞在地、Antelope Canyonへ移動のため早起きです。
AM5:50起床。
まだ外は薄暗く、今迄で一番寒い!!
前日のうちに片付けられるものは全て車に積み込んでいたので、テントの中の荷物とテントを片付けるだけなのですが、とにかく寒くて手がかじかんで思うように動かないんです
それでも何とかAM6:45には片付け終わり、AM6:50にはキャンプ場をチェックアウト。

予定よりも早く出発できたので、目的地へ向かう前に通り道であるDesert Viewへ立ち寄りました。

P1010194

建物の中は真ん中が天井まで吹き抜け、螺旋階段になっていて壁には インディアンのイラストがペイントされていてとても可愛い空間でした。
朝の早い時間に館内へ訪れたので、観光客はゼロ。
だから人が写らず撮れたんですね~。
日中は人・人・人でこんな写真は間違いなく撮れなかったですね。
まさに早起きは三文の徳ですね~(◎´∀`)ノ

P1010193

グランドキャニオンを出た辺りからインディアンショップが道路沿いに何軒も立ち並んでいるのですが、何せ朝早いのでお店が一軒も空いていないっ。゜゜(´□`。)°゜。
インディアンジュエリーや編み物など・・・実はものすごく立ち寄ってみたかったんですよね~。
残念ですが仕方ありません、またの機会には必ずや立ち寄ります!

次の目的地であるアンテロープキャニオンまでグランドキャニオンから約4時間の道のりです。


アンテロープキャニオンはPageという街にあります。
UpperとLowerの二つのキャニオンがあって、完全予約制のガイドツアーのみ。
どちらも有名なのですが、既にダーさんがキャンプの前からアッパーの方を予約しておりました。

アンテロープキャニオンへは受付場所からジープに5分ほど乗って移動します。

さて、ここからはアンテロープキャニオンの写真を一気に載せますよ!
写真を撮るのが上手な方はもっと美しく撮れるのでしょうけど・・・そこは目をつぶって写真を見てくださいませ!
幻想的な世界ですよ~!!

P1010269

P1010197

P1010201

P1010212

P1010214

夏の期間は太陽が高く上った時間に光線が入り込んでもっと美しいんですって。

P1010217

P1010221

P1010228

ウマの顔に見えますよね?↑
ウマ以外にもゴジラの横顔だとか、リンカーンの横顔だとか色々とガイドのお兄さんが教えてくれたのですけど・・・私はひたすら写真を撮り続けていたのでどれがどれだか・・・(^-^;
唯一分かったのがこのウマの顔。

P1010231

これも遠くから見ると横のハートの形って言っていた様な気がするけど・・・見えるかしら??

P1010235

P1010251

この写真はガイドのお兄さんが撮ってくれたのですけどね、すごく変な角度(さかさまな感じで)から写真を撮っていて、ウェーブに見えるでしょ?って言うのだけど、、、、普通にしてても私にはどれもウエーブに見えましたよ?

P1010255

P1010262

P1010264

P1010272

いや~もう別世界っ!
あまりの感動?衝撃?の自然が作り上げた美しい光景に、ポカーンと口を開けたまま言葉が出ませんでした。

もっとゆっく~り、じっく~り見たかったのですけど、1時間半のガイドツアーなのでかなり速いペースで歩かされましよ・・・(;´д`)トホホ…

写真はなるべく人が写らないように撮ったんですけどね、、、実はこの中は観光客で混みこみ。
ひとつのグループ、20人くらいで周るツアーなのですけどね、そのグループが何十組といて写真を撮るにも一苦労でした。
やっぱりここは人気があるんですね~。

今日のイベントは終了です!
アンテロープはキャンプ場がないので今日だけは、街のモーテルに宿泊。
4日ぶりにベッドで寝れる~!
部屋があったかい~!
ゆっくりシャワーを浴びれる~!と娘ちゃん大喜び( ^ω^ )

何だかどっと疲れが出て21時には皆寝ちゃってました。

アンテロープはこの1日だけの滞在で、明日はブライスキャニオンに向けて早朝から出発です!

5日目から最終日までブライスキャニオン編となります!
お楽しみに~♪

| | コメント (6)

2014/04/26

Camp in Grand Canyon Day 3

キャンプ3日目。
毎日良いお天気が続いております

今日も朝からハイキングです。
ですがね、、、さすがに今日は昨日のようなハイキングは・・・( ̄◆ ̄;)
だって足と腕が筋肉痛ですもん。
腕が筋肉痛なのは、私だけトレッキングポールを使用しているからです。
このポールがあるのと無いのでは大違い!
特に上りの時は負担を軽減してくれます。
しかも、腕の筋肉を使うのでカロリーも消費してくれるのです(←ダーさん情報(^-^;)

さてさて余談はよしとして、今日のトレイルですが西側の一番端にあるHermit Trailを歩きます。(見づらいと思うのですが、写真クリックで大きくなります。)

P1010500_3

P1010494_2

今回はSanta Maria Springまでのラウンドトリップ5マイル(8km)、標高差1,680feet(510m)、4~6時間のトレイルです。

前日のBright Angel Trailに比べたら距離も標高差も時間も少ないので気持ち的に余裕あり。
ただ、難易度がまたVery Difficultとなっているので油断禁物です(@Д@;

キャンプ場からHermit Trailまで歩いたら2時間以上はかかってしまうのでシャトルバスに乗って行きます。
乗車時は大勢の観光客でいっぱいだったのですが、Hermitに到着する頃には私たちだけ。
このシャトルバスは15分おきに運行しているので、観光客の方たちは各View Pointで下り、バスを乗り降りしてView Pointを巡っているんですね~。

P1010123

ハイキング前に注意書きをしっかり読んでいざ出発です!

P1010127

P1010130

体は筋肉痛で痛いのだけど、不思議と体も気持ちも軽いんですね~。
昨日のハイキングを乗り越えたからなのか、やけっぱちなのか・・・(^-^;
せっかく来たのだから思い切り楽しまなくっちゃっ!っていう感じですかね。

P1010133

怖かったけど・・・こんな崖っぷちの岩に乗って写真も撮っちゃいました。

P1010134

ここのトレイルはある程度下がりきると、緩やかになります。
下る最中は怖くて写真を撮れなかったなのですが、トレイルヘッドから緩やかになるまでの道は、道幅が狭いのはもちろんのこと、岩がゴツゴツの凸凹道、おまけにかなりの急勾配。
足元をよく見て歩かないと危険でした。

Hermit Basinで休憩です。

P1010135

ここから少し歩くと出てきました~。
Santa Maria Springへ行く道とDripping Springへ行く道のサインです。

P1010136

ここまでは順調!快調!
あともう少しだし、このまま緩やかな道が続くのかと思っていたらですね、、、

P1010140

なんと。
この大きな岩の向こう側は。。。

P1010143

景色が一変して見事な絶景が待っていました!!

ただ、歩くのはまた道幅の狭い崖っぷちギリギリで、ヒヤヒヤ~。
落ちたらThe ENDですよ。

とは言いつつも、しっかり端っこギリギリで記念撮影。

P1010145

不思議な花も咲いてました。

P1010144

歩くこと数分・・・見えました!到着地の小屋らしきものが!!
小さいのですけど、矢印の所に小屋があります。

P1010148_2

そして私たちはこの矢印の方から歩いてきたんですね~↓

P1010149

更に歩くこと20分。
ようやく目的地であるSanta Maria Springに到着です!
前日にも負けないくらい素晴らしい眺めです。

P1010150_3

この小屋でランチ休憩。
こんな立派な椅子があってちょっとびっくり。

P1010153

帰りは前日と同じく、写真を撮る事もなくひたすら登りました。
前日に比べたら距離的にも短いのですけど・・・やっぱり登りはきついです。
4~6時間かかるところ、休憩合わせて5時間で戻ってきました。

帰りはシャトルバスに乗って途中にあるView pointのPima Pointにて下車し、そこから次の乗車駅まで小一時間ほどRim Trailを歩きました。

Pima Pointからの景色です↓
ここが一番、景色が綺麗に見えるらしいです。
確かにコロラドリバーがどこよりも見えましたね~。

P1010164

Monument Vista Pointからの景色です↓

P1010167

Mohave Point 付近の景色です↓

P1010171

そして本日はまだ終わりません!
もうひとつイベントがあるんです。
4月15日は皆既月食が見れる日。
レンジャー主催によるLunar eclips & full moon walkが21時から0時まで行われるんです。
21時からなんて寒くて耐えられないんじゃないかと、朝の時点ではあまり行く気がなかったのですけど・・・大自然の中で滅多に見ることが出来ない皆既月食を見る機会はないですからね、このチャンスを逃すのはもったいない!完全防寒で参加してきました。

この寒さの中でどれだけの人が来るんだろう??寒いから少ないかな~なんて思っていたら大間違い!
集合場所のビジターセンターへ着いてみたらすごい人でした。
考えることは皆同じですね^^

皆既月食が始まるのは22時~0時の間。
21時~22時までレンジャーによる星座講座と近くのView PointをFull moon walkをしました。

最大にズームインして撮ってみました。
22時23分頃です。
左から月が欠け始めています↓

P1010179

22時43分です↓
望遠鏡とデジカメを交互に大忙し

P1010181

22時50分です↓
あとすこし。

P1010186

0時00分です↓
コンプリート!
待つこと2時間、オレンジ色の月です!
身体の芯まで冷えてめちゃめちゃ寒かったですけど、、、感動!大満足。

P1010188

もっと長い間眺めていたかったのですけど・・・極寒に耐えられず早々にキャンプ場へ帰りました。
寝袋に入るものの冷え切ってしまった身体は中々温まらず、ほとんど寝むれないままの状態で次の日を迎えるのでした(;д;)




これでグランドキャニオン編は終了です。

4日目の16日は早朝からアンテロープキャニオンへ移動します。

次回のアンテロープキャニオン編もお楽しみに♪

| | コメント (4)

2014/04/24

Camp in Grand Canyon Day 2

キャンプ2日目。

朝からキャンプ場にはELKちゃんがいましたよ。
人間慣れしているんですかね~ごはんを食べることに夢中で警戒心がないようで(^-^;

P1010106

さて、今日は朝からハイキングです。

写真を撮ってみたのですけど、、、見えますか?(写真をクリックしたら大きくなります)↓

Bright Angel Trailという、おそらくグランドキャニオンの中で一番過酷?だと思われるトレイルを歩きます。

P1010500 P1010493

私たちが挑戦するのはトレイルヘッドからIndian Gardenまで。
ラウンドトリップで9マイル(14.4km)、標高差3,040feet(940m)、6~9時間という、いきなりハードなトレイルですΣ( ̄ロ ̄lll)
ダーさん的にはこの先のPlateau Pointに行きたいところなのですけど、私の体力が多分、いや間違いなく無理だろうということで断念。

昨日の散歩で訪れたビジターセンターの案内板にもトレイルの説明があったので、しっかり読んできたのですけどね、難易度がVery Difficultって書いてあるんです。
キャニオンを歩くに当たり、頭に入れておかなければいけないのが、1対2。
登りは下りの倍の時間を要するということを計算しておかないといけません。
水は1人につき2リットル以上は持つように、そしてSalty Snackも忘れないようにしなくてはいけません。
あとは気温差です。
これだけの標高差があるので気温差もかなりのもの。
日焼け止めも忘れず!です。

まずはキャンプ場から今日のトレイルの場所までリム沿いを40分歩き・・・
Bright Angel Trailに到着。
ここがトレイルヘッドの写真です↓。
写真で見るよりも実際は道幅が狭くってかなり怖いんですΣ(@д@;ノ)ノ

P1010107

ここが1st Tunnelのポイント地点。トレイルヘッドから0.4マイル(0.6キロ)地点です↓

P1010109

更に下っていくと目の前に大きな岩壁が。
ど迫力です。

P10101121_2

P1010113

歩き始めて約1時間半くらいかな?
3-Mile Resthouseに到着。
ここでひと休憩です。
P1010114

自分の目線と同じだったキャニオンが徐々に見上げるような景色に変わってきました。

P1010116

だいぶ下がってきました。
下から見るキャニオンもこれまたすごい迫力です!

P1010118

新しいデジカメにはパノラマ写真が撮れる機能もあるので撮ってみました!
私の技量ではお伝えできないのですけど・・・もうとにかくめちゃめちゃ素晴らしい景色なんですよ!
写真クリックで360度近い画像が見れます。

P1010120_2

スタートから約2時間40分、目的地のIndian Gardenに到着!
ここでランチ休憩です。

P1010121

点々と小屋があって休憩できるようになっています。
またここは許可をもらえばここでバックパックキャンプも出来るようになっていました。

ひたすら下り道だったので、目的地までは意外にもあまり疲れることなくスイスイッと来れたので、お調子者のわたしはこれならダーさんが行きたいPlateau Pontまで行けちゃうかもよ!と話をしたのですが、ダーさんに固くとめられました。

ダーさんの言う事を聞いてよかった・・・。

ここからが地獄の始まりでしたよ・・・ヾ(;´Д`A

ここまで下ってきたんです、写真を見ればお分かりと思いますが、帰りはこの写真のてっぺんまで登りきらねばいけないのですよ。

帰りの登りは写真を撮る余裕なんてまるっきりありませんでした。
ひたすら上るのみ。
娘ちゃん&ダーさんは体力があるから全然辛そうじゃないんですけどね、私1人ヒーヒーでした。
娘ちゃんは1人スイスイ登り、気がつけば娘ちゃんの姿は見えず・・・。
ダーさんは私の様子を見ながら少し先を歩いてくれました。

休憩合わせて約6時間半で何とか登りきりましたけど、もう私はクタクタ・・・。
さすがに帰りはシャトルバスでキャンプ場まで帰りました。

P1010122

お二人さんは同じトレイルを歩いたの??ッて言うくらい元気です。
シャワーを浴びた後、仲良く夕食の準備してましたよ。

私は完全にアウト状態()´д`()・・・
夕飯の準備をする気力もなく、ただただイスに座ってご飯が出来るのを待ってました。
へタレ過ぎですね、私(^-^;

この夜も寒かったけど、それ以上に疲れが勝っていたのかぐっすり眠ることが出来ました。

2日目はここまで。

3日目に続きます・・・

| | コメント (4)

2014/04/22

Camp in Grand Canyon Day 1

4月12日から19日の丸1週間、キャンプに行ってました。
今日から数日間、初の脱カリフォルニアキャンプの記事をアップしたいと思います。

グランドキャニオン→アンテロープキャニオン→ブライスキャニオンです。

はじめに言っておきますね、膨大な量の写真を撮りました。
載せる写真は絞りに絞ったつもりですが、それでもすごい数になると思います。
ずっと見ていたら飽きちゃうと思いますので、適当に流し見してくださいね(^-^;

それではキャンプ1日目スタートです( ^ω^ )

AM 4:40起床。
出発予定時刻の6時30分を目指して準備開始
いつもは前日から車に荷物を積む準備が出来るのですが、娘ちゃんのバレエがあって家に帰ってきたのが21時近かったため、今回は朝から荷物積み。
車の上にも荷物を積むので意外と時間がかかるんですね~。

出発予定時刻を1時間オーバーしてしまい7時30分出発。
家からグランドキャニオン国立公園まで約500マイル(約805キロ)、7時間半。
まずは私の運転で出発し約3時間半運転の後、ダーさんと運転交代。

P1010071

いきなり下手な写真でスミマセン(;;;´Д`)ゝ
なんたってフリーウェイなもので速いんです。
カリフォルニアからアリゾナへ入る看板をどうしても撮りたくて・・・猛スピードの中、無理やり撮ってみました。
タイミングがどうも合わず、看板がギリギリ・・・(^-^;

P1010073

何もない道をひたすら走ります。

P1010074

途中、トルネードが起きそうな雲?を発見

P1010076

グランドキャニオンの入り口はNorth RimとSouth Rimがあり、観光客が主に訪れるのはSouth Rimです。
私たちもSouth Rimから入り、15時30分頃にキャンプ場へ到着!

荷物の軽減化のため、今回はキャノピーなし!
テントを建てるだけなのでちょっだけ楽ちん~♪

夕飯までに時間があるので軽い散歩がてら近くを探検しに行きました。

P1010080

キャンプ場から歩くこと5分、Rim Trailの入り口に到着。

P1010081

Rim Trailとは東のGrand Canyon Visitor Centerから西のHermits Pointまでキャニオンのリム沿いを歩くトレイルです。
このトレイルの端から端まで歩くとなったら約17キロ、かなりの距離です。
今は軽い散歩なので、写真の"You Are Here"の位置から一番右のCanyon View Information Plaza、(ビジターセンター)まで歩くことにしました。
ちなみにこのリムトレイルに沿ってシャトルバスも運行しています。

"You Are Hereの位置からリム沿いのトレイルに入るまでは森の中を歩きます。
リム沿いに到着するとワンダフルな光景が~!!(゚ロ゚屮)屮

P1010084

P1010083

アメリカに住んでかれこれ長くなりますが、グランドキャニオンへ訪れたのはこれが初めて。
この迫力ある景観に圧倒されちゃいました。

ビジターセンターへ続く道はリム沿いなので、この素晴らしい景色がずっと続きます。
同じような景色かと思いますけど・・・それぞれのポイントで景色が変わるので、良かったら見てください。

P1010094_2

P1010098_2

崖っぷちで写真を撮っているのですがたまにビューッと強い風が吹くんです。
記念写真を撮るにもかなり怖いぃぃ~( ̄Д ̄;;

P1010099

P1010100

かなりズームインしているのですけどね、コロラド川が見えます!
グランドキャニオンの起源を調べてみたのですけど、、、はるか遠い昔にコロラド川の浸食作用によって削りだされた地形なんですよね。
目の当たりにして見ても、どうやってこんな風になったのか不思議で不思議で。

P1010101

P1010102

P1010103

ビジターセンターからキャンプ場までシャトルバスで帰ろうと思ったのですけど、歩いても30分程度ですからね、娘ちゃんの大ブーイングを無視して歩くことにしました(^-^;。
ビジターセンターの駐車場を出たところ、ELK(エルクもしくはワピチと呼ばれています。和名はアメリカアカシカと言うようですね。)に遭遇!
シャトルバスに乗っていたら遇えなかったでしょうからね、ラッキーでした(*^-^)
角がないので女の子でしょうか。
普通のシカよりもかなり大きいですよ~。

P1010105

キャンプ場に着く頃には日も沈み暗くなって益々寒さが厳しくなってきました!

今回のキャンプはとにかく寒いところなので、ご飯も簡単に済ませることの出来る物ということでBBQは一切なし。
そしてキャンプファイヤーも一切なし!

日が沈むと気温も一気に低下。
外にいる事に耐えられないので20時にはテントの中へ。

最も気温が下がるのは夜中なのですけど、この日の最低気温はマイナス4℃。
寒さ対策にヨガマットを敷き、その上にヨガブランケット、その上にスリーピングパッド、そして寝袋、寝袋の中にブランケットを敷き、パジャマの下にもう1枚服を着てパジャマの上にも服を着て、更にマフラーをして厚手の靴下を履き、手袋をして寝ました・・・・

それでも寒かったわ~( ̄ロ ̄;)

では1日目はこの辺で。
2日目に続きます

| | コメント (6)

2013/09/24

Vacation ②

2日目です。

ダーさんと娘ちゃんは早朝6時過ぎから温泉です

そして朝食をとるために近くのAvila Beachまでやってきました。

Picture_1769_3

かなり寒いっ!!ヒィー(((゚Д゚)))!!
カフェで簡単に食事をして、ビーチ沿いを散歩です。

Picture_1770

アヴィラビーチは何回か訪れたことがあるのですけど、朝はいつもどんよりとした天気で、太陽が出てくるまではとても気温が低いんです。
とにかく寒いので、スパリゾートの近くにあるファーマーズマーケットへ行きました。

Picture_1775

Picture_1774

フレッシュな野菜にフルーツ、ジャムやハニー等など、そしてここで作られているパイやパン、おみやげコーナーもあります。

Picture_1779

外にはアルパカや牛、エミュー、ヤギ、羊、ニワトリ、ウサギ等、たくさんの動物がおりました。

買い物の後はスパリゾートの裏山にあるハイキングコースへ~!!

Picture_1780

結構な上り坂ですが、距離的には長くないのでちょうどいいコースです。

Picture_1782

上ること30分。綺麗な海が見えましたよ~!!
母も感激していました!!
ハイキングしてよかった~

部屋に戻ってまた温泉に入り、San Luis Obispoのワイナリーへ向けて出発です

Picture_1788

まずは1軒目のTalley Vineyard。
ダーさんと私はワインテイスティング。

Picture_1713

そして母と娘ちゃんは敷地内の散策です。

Picture_1791

2軒目のワイナリー、『 Chamisal Vineyard 』です。
パーキングに車を止めるなり、可愛いスタッフさん?のお出迎えです^^

Picture_1718

ボクサーのKayaちゃん。
とても人懐こいわんちゃんで可愛いかった~

1軒目のTalleyも2軒目のChamisalも去年の夏に、実は訪れているのですね~。
ChamisalのCalifa Pinot Noirが美味しかったので、今年もお土産用に購入。

Picture_1793

そして3軒目のワイナリー、『 Sextant 』へ。
ここは初の試みで、、、とても楽しみにしていたワイナリーです。
もちろんここでもワインテイスティングをしましたよ。
ここのワインは、Zinfandelが美味しかったですね~♪
父のお土産と自宅用に購入です♪

ここのワイナリーでは、食事も出来るんです。
お昼も過ぎていたので、ここでランチタイムとなりました。

Picture_1794
サンドウィッチにワインを飲みながら、まったりタイムです

Picture_1796

おやおや??隣の席で、にわとりさんもまったりしてましたね

ワイナリー巡りはこれで終了です。

その後は・・・

シカモアへ戻り、夕食までの間~温泉に入り、夕食後もまた温泉に入って~とひたすら温泉を満喫しました

そして翌朝のチェックアウト後。

Picture_1801

スパリゾート施設内にある、ラビリンス&メディテーションガーデンへ寄りました。

瞑想しながら歩くのかな~?
よく分からないけれど、心を無にして歩いてみましたよ。
リラックス、ヒーリング効果があるのかな??

あっという間のミニ旅行でしたが、かなり内容の濃い2泊3日でした。
翌日には日本へ帰る日でしたから、私も母もLAへ戻って・・・今度は日本に帰る準備で大忙しっだったのでした。。。

| | コメント (6)

2013/09/21

Vacation ①

7月に私の母がLAに遊びに来ました。
今更なのですが、せっかく母が10年ぶり位にLAに遊びに来てくれたので、思い出として書き留めておきたいなと思い、お話をアップしようと思います。

LAに遊びに来た本来の目的は、娘ちゃんのバレエ公演を観るためだったわけですが、せっかくですからね、、、ハードスケジュールになるのを覚悟で温泉&ワイナリーのミニ旅行に行きました。

1日目はSolvang(ソルバング)とワイナリー、そしてSycamore Mineral Springs編です。

Picture_1757_2

LAから北上すること約3時間、Solvangに到着です。
サンタバーバラの近くにあるソルバングは、スカンジナビア系移民のコミュニティによって作られたデンマークの街です。

Picture_1763_4

どれも北欧を感じさせる建物で、とっても可愛いんです
街自体がとても綺麗で見ていて飽きません

Picture_1762_2

お昼を過ぎていたので軽いランチを取るために、ビジターセンターで美味しいよ、と薦められたレストランへ行きました。

Picture_1758_2

『 Solvang Restaurant 』という、何のひねりも無い名前のレストランなのですけどね、ここのAebleskiver(エイブルスキバー、読み方あっているかな??)というデンマークで有名なお菓子を食べたかったんです。

Picture_1760_2

ダニッシュスタイル・ソーセージとレッドキャベツのザワークラウトです。
ポークの辛いソーセージ、チキンとバジル、チキンとアップル、あと1つ忘れちゃったなぁ・・・(;´▽`A``
どれも皮がパリッと、中はジューシーで美味しかったです。
このレッドキャベツのザワークラウトがソーセージと相性ばっちりでした!

Picture_1759_2

こちらはターキー&クランベリーのクロワッサン・サンドウィッチです。
特にダニッシュ・スタイル~と言うわけではないのですがね、、、。

どちらもボリューム満点。
一人一皿は無理ですね~!!

Picture_1761_2

そして!!
一番の楽しみであった、Aebleskiverです♪
たこ焼き型のパンケーキにラズベリージャム、パウダーシュガーがかかっているお菓子、エイブルスキバーです。
見た目はとっても美味しそうでしょっ!?
食べてみて・・・・・・・・・・・あれれれれ???

けっして不味くはないんです・・・・・・・・・が、すごく普通なんです。
期待が大きかったせいでしょうか、あまりに普通すぎて1回食べたら十分、1個食べて満足でした。
甘いたこ焼きの生地にジャムをかけて食べている、そんな感じです。
家でも簡単に作れそうですね。

お腹もいっぱいになったので、このあとは1時間ほどブラブラと歩き、ワイナリーへ行きました。

Picture_1768_2

Riverbench Wineryです。
ダーさんと私はここでワインテイスティングをして、父のお土産のワインをゲット。
その間、母(母はお酒が飲めないんです)と娘ちゃんは敷地内を散策していました。
このあと、もう一軒のワイナリーへ行き、今回の旅行の目的地である、Sycamore Mineral Springs Resortへ向かいました!

肝心の場所の名前が入った写真を撮り忘れちゃったのですが、、、

Picture_1706_2

各部屋にジャグジーが付いている温泉スパリゾートです。

Picture_1705_2

私達が予約した部屋は2階からジャグジーへ行けるようになっていました。

Picture_1708_2 

完全プライベートな空間ではないので水着で、、、なのです。
日本の温泉のような情緒は全くないのですが、でも山?の中にあるのでとても静かで気持ちよかった~( ̄▽ ̄)♪

ワイナリーで買ったワインを飲みながらのんびりタイムです。

Picture_1710_2

温泉からあがった後に軽い夕飯をとり、また温泉へ~

2日目に続きます。。。
2日目はハイキング&ワイナリー編になります

| | コメント (6)

2013/09/10

Sequoia & Kings Canyon National Parks Camp ④

最終日の4日目(9/2)です。

最終日は片付けて早くに帰るのが常なのですが、今回のキャンプは、キャンプ場内でのアクティビティがほとんどだったので、最終日くらいちょこっと観光らしいことをしようか!と言うことになりまして、去年も行った所なんですけどね、、、セコイアへ来たらここだけは行っておかないと~!と思っている『 The General Sherman Tree 』を見て帰ることにしました。

この木を見るのに、片道15分くらい駐車場から歩かなくてはいけません。
それも行きは下りでよいよいですが、帰りはひたすら上り坂
ちょっとした運動です。

2013_sequoia_camp_069

こちら、『 The General Sherman Tree 』でございます。
世界で一番大きな木であり、樹齢は2000年以上。
とにかく巨大です!!
遠くから撮らないと、上から下まで写らないんです。

2013_sequoia_camp_073

この木の大きさは去年の写真でどうぞ→こちら

シャーマンツリーがダントツですが、それでも他の木も全て巨大です。

2013_sequoia_camp_063

2013_sequoia_camp_065

木の真下、地面すれすれから撮ってみました。
首がぁ~

2013_sequoia_camp_064_2 

木と木の間に居るのですが、ヒトがものすごく小さく見えちゃいますw(゚o゚)w

2013_sequoia_camp_072

この木は3本ですが根が同じなんです。
ジャイアントセコイアツリーはこれ以上、背が伸びることはないけれど、幹は成長してまだまだ太くなっていくそうです。

自然は偉大なり。

やっぱりここは神秘的で独特な世界です。

感動を胸にLAに向けて帰りますよ~

2013_sequoia_camp_082

最後は車からの景色です。多分・・・モロロックかな?

4日に渡りセコイアキャンプの様子をお届けしました。
写真が多くて見るのも面倒だったと思います。
素晴らしかった景色を見ていただきたくて、ついつい多くなってしまいました。

今年のキャンプはこれで終了か、もしかしたらもう1回行けたらいいなぁ~と思ってます。
その際はまたお付き合いくださいませ(^-^;

読んでいただきありがとうございました

| | コメント (4)

より以前の記事一覧